toggle
2015-07-15

【モミコロ】開発資金を調達するために何をすればいいか。彼女たちが自ら考え行動し、結果に現れました


2015年度の3年生が、福岡の企業「ゼックフィールド」とコラボした新商品の開発をスタートし、現在、新商品を開発するための資金を、クラウドファンディングで集めています。

商品開発のための資金集めを、彼女たち自身で。クラウドファンディングスタート>>>

目標金額を達成するためには、何をしなければいけないか?

i0000121
6月中旬にスタートした、クラウドファンディング。なかなか目標金額まで賛同者を集めることが、できていませんでした。

スタート直後から、目標金額を集めるために、更新しているSNS(アメブロ・Facebook)でクラウドファンディングの告知は行っていましたが、なかなか結果に結びつきませんでした。

期間内に資金を調達するためには、彼女たちの取り組みを、より多くの方に知ってもらう必要がある

今回の取り組みについて、いろいろな方に知っていただき、資金を調達するためにはどうすればいいか。

彼女たち自身で案を出し、話し合いを重ねました。

【福岡の企業様とコラボして、商品開発を行っている】
【女子高生がクラウドファンディングに挑戦して、商品を開発するための資金を集めている】

このことを1人でも多くの方に知ってもらい、賛同して頂けるよう、イベント開催、プレゼンの場を設ける、ポスター告知など、行うことになりました。

「書斎りーぶる」にて、彼女たち自身で、商品開発に関するプレゼンを行いました

7月19日 13:30〜15:00『書斎りーぶる』にてイベントを行いました。

イベントで、「モミデコロン(モミコロ)」プロジェクトのプレゼン&活動報告をさせて頂きました。

プレゼンに使用する資料も彼女たちが準備し、彼女たち自身でプレゼンを行い、クラウドファンディングについて説明させていただきました。

吉塚駅にて、ひとりひとりにお声掛けし、クラウドファンディングについて説明させていただきました

15

学校が終わった後の、平日16:00~17:30、吉塚駅を利用されている方に、彼女たちから直接お声掛けをさせて頂き、商品開発のこと、クラウドファンディングの説明をさせて頂きました。

たくさんの方が足を止めて、彼女たちの話に耳を傾けてくださいました。また、その場で支援してくださった方もいて、とても嬉しかったです。

店頭に実際に立ち、クラウドファンディングについて説明させていただきました

09

博多リバレイン「D12」で販売実習を行い、クラウドファンディングファンディングについての説明を行わせていただきました。

終業式で、博多女子高校の先生・生徒に向けた、クラウドファンディングに関するプレゼンを行いました

06

トータルビジネス科(商業科)の商品開発に関する取り組み、クラウドファンディングについてのプレゼンを、先生方、生徒に向けて行いました。

プレゼン資料作成、プレゼン内容の構築も、彼女たち自身で行いました。

彼女たちが行動を起こした結果、資金を出してくれるサポーターが増加!

7月16日の時点
金額:144,900円
サポーター:36人
達成率:29%

7月29日の時点
金額:435,700円
サポーター:100人
達成率:87%

彼女たちが自ら考え、クラウドファンディングの目標金額を達成するために行動を起こした結果が、きちんと表れました。

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です